男性の身体の不調

池袋で働く同級生は腰部椎間板ヘルニアと闘っています

福岡市城南区にある福岡大学で苦楽を共に過ごした同級生M氏は、数カ月に1度のペースで整体タカノスカイロプラクティックへ来院してくださいます。

池袋から福岡市の整体へ腰痛治療に来てくれる

現在の彼は東京の池袋で働くサラリーマンなのですが、腰部椎間板ヘルニアとは結構長い間お付き合いしていました。ずいぶん以前に福岡市東区にある整形外科でヘルニアだと診断されて、以来あちこちの病院で治療も受けているそうです。私とは違って大きな組織に属して仕事していますので、新潟市やいわき市といった遠方への出張も多いようですから(移動疲れによる腰痛かもしれない)と考えていたそうですが、症状は年々深刻になっていますので私としても心配です。

福岡市の整体院ですが「ちょっと心配ですね」本人も出張先である新潟市整体で探したり、いわき市整体を訪ねたりしていたそうですが半年に1回づつ行ければ良い方だったそうで改善スピードはあがりません。

私が福岡市中央区で整体カイロプラクティック院を開業独立してからは、故郷の福岡市へ帰省する際や九州出張で時間ができる際には必ず治療に来ていただいています。たしかに新潟市やいわき市へ行くよりも福岡市への方が回数が多いですからね。

腰痛治療のためにタバコも完全に止めているので感心です。

腰痛が2倍以上も発生しやすい理由がじつはコレ!

デスクワークを主体とした彼の生活スタイルでは、椅子に座ったときの姿勢や長時間の同じ姿勢の維持が腰痛に影響を及ぼしていると考えられます。
さらに、この状態に ある条件が加わると腰痛が起こる確率が一気に2倍以上 に高まるといわれます。

福岡市の整体院「知らなかった事実」そう、ある条件とはタバコ。

 「喫煙は腰痛を悪化させる」と病院のドクターもおっしゃいます。 タバコに含まれているニコチンの作用によって毛細血管が縮小することは医学的にも解明されています。そのニコチンが椎間板ヘルニアの周囲の毛細血管を収縮させることによって椎間板に十分な酸素や栄養分が渡らなくなってしまいます。この状態が続けば椎間板の水分も減り、椎間板の弾力が失われやがて変形してしまうと言う結果に・・・。

腰痛はカイロプラクティック療法で免疫力アップをお勧めする理由

免疫システムの一部をになう細胞”マクロファージ”をご存知ですか?
椎間板ヘルニアにおいてもマクロファージの食作用によって、ヘルニアの突出部分が異物として排除されることもわかってきています。

ヘルニア症状で髄核(ずいかく)が飛び出した周囲は炎症が強く損傷した部分から出血が起こりますが、この血液の白血球中のマクロファージの働きが活発であれば、ヘルニアを異物とみなして食べて吸収してしまうと考えられています。

そのためにも自己の持つ自然治癒力・免疫力をアップさせておきたいですよね。

がんばります遠く池袋から福岡市中央区の整体タカノスカイロプラクティックへ来てくれる同級生も、近い将来に腰痛は改善してくれると信じて私は精一杯の施術をしています。

The following two tabs change content below.

高倉 功

国際基準カイロプラクター米国 Cleveland Chiropractic College 学位保持者
アメリカ専門大学のカイロプラクティック学位をもつ姿勢矯正の専門家。 肩こり・腰痛のほか、詳しく姿勢分析しておこなう猫背矯正・O脚矯正・骨盤矯正などは改善実績が多い。福岡生まれ福岡育ちのホークスファン。

他に良く読まれている記事

  1. お母さん
  2. トンネル
  3. タカノス特製のインタビューボードの前でスマイル
  4. その痛みは坐骨神経痛ではありませんか?
  5. 腰痛危険度
  6. あなたのタイプは?
PAGE TOP