トンネル

あなたの腰痛の症状は脊柱管狭窄症を知らせるシグナルかも

脊柱管狭窄症についてご存知でしょうか?

そもそも、私たちの”骨”には内容物を保護するという重要な役割があります。特に脳や脊髄は”神経細胞の集まり”部分で非常に脆く壊れやすい部位なので、硬い骨のパッケージで収納されているのです。とくに脊髄は、背骨と椎間板に取り囲まれたいわば背骨のトンネル「脊柱管」の中に収まって外力から保護されています。脊柱管狭窄症は、背骨や椎間板・靭帯によって脊柱管が狭くなることで中の脊髄が圧迫され、坐骨神経などに障害を引き起こした状態を言うのです。

この脊柱管は加齢に伴って自然と狭くなってきますので、ご相談をいただくのは高齢者の方々に多いのが特徴なのですが、まれに先天的に狭くなっている方もいらっしゃいます。先天的に脊柱管が狭い方は神経組織が容易に圧迫を受けるため、30~40歳代と比較的若年で発症する場合もあるので注意が必要です。

脊柱管狭窄症についてお問い合わせいただくことが増えました

様々な腰痛に関するご質問や、治療のお問い合わせの内容のなかでも脊柱管狭窄症に該当するようなお問い合わせが増えたような気がします。そのなかで気になる症状のお問い合わせ内容は次のような項目です。

タカノスカイロプラクティックにお問い合わせいただく症状より
・腰痛
・臀部や太もも、ふくらはぎの痛みやしびれ
・歩いていると次第に痛くなって歩けなくなり、休むとまた歩ける
・腰を伸ばすと痛みが増悪しやすい
・前かがみの姿勢、座位をとると痛みは軽減
・安静時には症状が無いことも多い。

といったところです。

腰部脊柱管狭窄症の特徴的な症状とは?

脊柱管狭窄症の場合には、椎間板ヘルニアとは逆で腰を反らす動作で足や太もも、殿部等にしびれや痛みが出てきます。脊柱管は身体を反らせるような方向にすると狭くなるので、このような動作をする場合等に悪化する可能性が高いと考えられています。

また、上半身をを前に倒して休んだり、座ったりすると症状はすぐになくなり、また歩いたり立ったりできるのが特徴です。これは体が前かがみになると脊柱管がやや広くなり、神経圧迫から解放されて症状はなくなるからだと考えられています。

脊柱管狭窄症で特徴的な「間欠性跛行」を知っておきましょう

脊柱管狭窄症の最も特徴的な症状は「間欠性跛行」(かんけつせいはこう)と言われる症状です。この間欠性跛行とは、しばらく歩くと脚が痛くなったり、しびれたりして歩くことができなくなる状態を言います。カイロ先生のワンポイント

持続して歩くことが可能な時間は、数分から10分程度など、脊柱管狭窄症のレベルによっても異なってきますが、症状が進行するに従って、連続歩行距離や時間が短くなっていく傾向にあります。重症の場合は50mも歩かないうちに症状が強くなって歩行が困難になったり、5分ほど立つ程度でも症状が出たりすることがあります。

 脊柱管狭窄症の細かな分類

「間欠跛行」が共通した症状ですが、どこが圧迫されるかによって症状が様々で、3つ分類されています。

馬尾タイプ: 両下肢の痛みやしびれ、膀胱直腸障害、会陰部の異常感覚(痺れ、冷感、灼熱感、絞扼感)、間欠性破行が主な自覚症状。腰痛はあまり感じないことが多い。
神経根タイプ: 一般に片側の脚だけ痛む。腰痛、臀部痛を伴う事もある。
混合タイプ: 馬尾型、神経根型の両方の症状が見られるもの。

何が脊柱管狭窄症の原因なのでしょうか?

脊柱管狭窄症の原因としては、加齢による脊椎の変形が原因になることがほとんどですが、椎間板ヘルニアや変性すべり症、加齢に伴う骨の変形によるものが挙げられます。そのため、姿勢が悪いと日常的に椎間板にかかる圧が不均等になり、同じ部位に集中的に負担がかかることで脊柱管狭窄症になりやすいと言われています。
また、交通事故による外傷や先天的に脊柱管が狭いなどの背骨の形状が異常な人にも見られます。

ドクター

病院ではどのように判断されるのでしょう

 病院ではどのように診断しますか?

脊柱管狭窄症の疑いがある場合、レントゲン(X線)、CT検査、MRI検査の他に、ミエログラフィー(骨髄造影)、筋電図検査をする場合があります。
また、間欠跛行を呈する代表的疾患は他にもありますが、臨床的には腰部脊柱管狭窄症の間欠跛行では休息時に腰椎を前屈するが閉塞性動脈硬化症では前屈しなくとも症状が改善などで区別します。

 

タカノスカイロプラクティックでは

大変申し訳ないのですが、初診の段階でお断りする場合あります。

なぜならば、腰部脊柱管狭窄症により重度の筋力低下や排泄・排尿障害などの神経症状がある場合は、
カイロプラクティックの適応ではないと判断されるからです。

しかし、カイロプラクティック治療で改善が期待できるケースもあります

神経症状が重篤ではなく、腰痛、下肢の痛みやしびれの場合には、カイロプラクティック治療で改善が期待できるケースもとても多くあります。プロテック腰痛治療

カイロプラクティック治療が可能だと考えられた場合は、脊柱管狭窄症を起こしている部位を明確にし、狭窄を起こしている上下の関節の可動性や位置に動きをつけていく事によって、狭窄症を起こしている部位に負担をかけにくくしていきます。

また、場合によってはけん引治療の有効性も認められていますので、その場合には「プロテック腰椎減圧治療」をおこなっていきます。

整形外科などで脊柱管狭窄症と言われた方の中には、お薬を飲んでいらっしゃる方も多くいらっしゃることでしょう。
専門ドクターが「患部の血流を良くすること」が脊柱管狭窄症の治療の根本だと判断されることも多く、その場合は、血行を良くするためのお薬「プロスタグランジンE1」製剤を投与されていると思いますので、そのお薬を飲みながら治療を進めていきましょう。病院で処方されたお薬を中止する必要はありません。実際は筋肉の疲労が原因だったというケースもありますので、ぜひ一度ご相談ください。

脊柱管狭窄症の施術の頻度や改善までの期間は、かなり個人差がありますので初回の検査・施術が終わった段階でおおよその目安をご説明させていただきます。
気になる方は福岡の整体タカノスカイロにご相談ください。

The following two tabs change content below.

高倉 功

国際基準カイロプラクター米国 Cleveland Chiropractic College 学位保持者
アメリカ専門大学のカイロプラクティック学位をもつ姿勢矯正の専門家。 肩こり・腰痛のほか、詳しく姿勢分析しておこなう猫背矯正・O脚矯正・骨盤矯正などは改善実績が多い。福岡生まれ福岡育ちのホークスファン。

他に良く読まれている記事

  1. 鹿児島市から来ていただきました
  2. タカノスカイロプラクティックのプリンセス「Mana」ちゃん
  3. カイロプラクティックの手
  4. 元気に散歩するシニア
  5. アメリカ(ロスアンゼルス)の専門大学
  6. 男性の身体の不調
PAGE TOP