予診票

我慢すると怖い腰痛のおはなし。知っておきたい内臓疾患からのサイン

「たかが腰痛・・・などと考えるのは結構キケンなんです」

初めて整体タカノスカイロプラクティックにいらした時には予診カードのご記入をお願いしています。いろいろと質問も多くて大変ですが、私たちも皆様の状態について少しでも多く知りたいと考えているのです。
たとえば、腰痛を引き起こす原因には、内蔵の病気がある事をご存知ですか?

いわゆる内蔵疾患には、癌をはじめ命に関わる疾患も含まれるため、あらかじめ内臓疾患が原因となる腰痛の症状を理解しておくことで、早期に内臓疾患の発見・治療を開始することができます。 通常の腰痛は整体カイロプラクティック院で治療を行いますが、骨盤や体の姿勢を矯正しても、もしも内蔵の疾患が原因となる腰痛の場合には改善を見込むことができません。

姿勢の悪さや骨格の歪みなどによる腰痛は、整体カイロプラクティック院でも適切な治療を始めることができます。しかし、内蔵疾患が原因である腰痛であるならば、専門の脳外科や内科に診ていただく必要がでてきます。

注意しておきたい腰痛の症状の特徴

それは・・・
 「姿勢や体勢に関わらず、どんな時でも慢性的な腰痛が生じている 」 パターン!
姿勢や筋肉が原因のある場合、身体を休めることで腰痛が楽になることがあります。しかし、内蔵疾患の場合は姿勢を変えても腰痛の症状が変わることは殆どありません。

予約状況の確認をお願いします

腰痛の原因となる内臓の疾患を知っておきましょう

次の様なものがあげられます。

泌尿器系の疾患からの関連痛のばあい
 腎臓結石・尿路結石、腎盂炎など
消化器系の疾患からの関連痛のばあい
 胃潰瘍、胆石、消化器の癌など
女性に特徴的な疾患からの関連痛のばあい
 子宮筋腫、卵巣膿腫、月経困難症など

さて、あなたの腰痛ですが「どこが、どのように痛むでしょうか?」頭の中でもう一度整理してみましょう。

カイロ先生のワンポイント上記のように、内臓からの関連痛の場合には、胸・腰椎移行部辺りに痛みが感じられる事が多いようです。腰部(腰痛)というより、背中が痛いとおっしゃることが多いのも一つの特徴です。

内臓から来る痛みは、じっと体を休めていても痛みが治まらず、また、動きに関係なく痛みを感じるようになります。場合によっては、次第に痛みが強くなることもありますのでご用心ください。

骨盤の歪みや姿勢が原因となる腰痛と、内臓疾患が原因となる腰痛では、症状や治療方法に違いがあります。

福岡市の整体タカノスカイロプラクティックでは、予診カードに記載された内容や検査結果によっては一旦腰痛治療を中断して、専門医の受診をおすすめする場合もございます。

The following two tabs change content below.

高倉 功

国際基準カイロプラクター米国 Cleveland Chiropractic College 学位保持者
アメリカ専門大学のカイロプラクティック学位をもつ姿勢矯正の専門家。 肩こり・腰痛のほか、詳しく姿勢分析しておこなう猫背矯正・O脚矯正・骨盤矯正などは改善実績が多い。福岡生まれ福岡育ちのホークスファン。

他に良く読まれている記事

  1. さまざまな不調に効果があると言われます
  2. 体の悩み
  3. 男性の身体の不調
  4. ストレス社会で生きる人
  5. 脊柱側弯症
  6. ストレートネックに注意
PAGE TOP