笑顔の女性

骨盤矯正の前に、骨盤の構造について知っておきましょう

骨盤は骨格の土台とも言われ、骨盤が歪むと様々な症状をひきおこします

福岡市の整体タカノスでも、季節を問わずにご質問やご相談の多い問題のひとつが「骨盤矯正」についてです。
骨盤は私たちの姿勢を支える土台として重要視される部分でもありますが、骨盤の歪みが健康面へ及ぼす影響などについてなども出来るだけ知っておきたいところです。

そもそも骨盤とは、どこの部分を言うのかご存知ですか?

骨盤とは左のイラストでわかるように、『仙骨』『腸骨』『坐骨』『恥骨』の4つの骨の総称を骨盤と言います。骨盤とは、腸や子宮などの大切な臓器を包み込むように形作られている骨の集まりのことです。

みなさんのウエストの部分にあたる腸骨と、イスに座ると座面に当たる坐骨と、膀胱の下の恥骨と、尾骨の上にある三角形の仙骨から成っています。

そして、この骨盤には大腿骨と腰椎が関節しています。私達の言う「歪み」とは関節部分で起こり、骨盤の場合に歪みが生じる関節は股関節のほか、仙骨と腸骨の関節(仙腸関節)、仙骨と背骨の関節(腰仙関節)などです。

骨盤の構造・その1~ 仙腸関節

骨盤の構造で重要視されるのが仙腸関節と言われる部分です。仙骨と左右の腸骨が合わさり、強い靭帯で補強されています。この仙腸関節は以前は動かない関節だと言われていましたが、近年では整形外科医も認めるようになってきた可動関節です。一般的に表現される「骨盤の歪み」とは、この仙腸関節がずれることによって起こります。

歪みは微々たるものですが、この仙腸関節がずれることで腸骨と仙骨のバランスが悪くなり、仙骨の上に乗っている脊柱が前後または左右に傾きます。カイロ先生のワンポイント

さらに悪くなったバランスを整えるために、背中の上部や首の付近で二次的に歪みを作り出すことも考えられます。(背部痛や頚部痛) 人体の骨格バランスを考える上で、一番土台となる非常に重要な関節ですから、その安定性が脅かされると、全身への影響が一番現れる場所でもあるのです。

骨盤の構造・その2~ 腰仙関節

腰の骨の一番下の第五腰椎と、その下の仙骨でつくられる関節を腰仙関節といいます。
第五腰椎と仙骨が作る角度によって、腰仙関節にかかる負担が変わってきます。この腰仙関節を痛めて腰痛を訴える患者さんも非常に多いのです。

福岡市の整体タカノスでは、デジタル姿勢診断のデータなどを参考にして仙腸関節とともに注意深く調整していく関節部分のひとつです。

骨盤の構造・その3~ 股関節

大腿骨というフト腿の骨が、電球のソケットのように骨盤の寛骨臼と言われる部分にはまっています。 このはまっている部分の関節が股関節です。

腰痛を訴える人の中には、実は股関節に問題がある場合も多くあります。もちろん、 股関節の歪みも全身の骨格の歪みと関連します。この歪みが原因でO脚やX脚が発生していることもあります。

天神の整体タカノスカイロでは、骨盤矯正の際には必ず股関節のチェックをして骨盤を整えていきます。

 

The following two tabs change content below.

高倉 功

国際基準カイロプラクター米国 Cleveland Chiropractic College 学位保持者
アメリカ専門大学のカイロプラクティック学位をもつ姿勢矯正の専門家。 肩こり・腰痛のほか、詳しく姿勢分析しておこなう猫背矯正・O脚矯正・骨盤矯正などは改善実績が多い。福岡生まれ福岡育ちのホークスファン。

他に良く読まれている記事

  1. 予診票
  2. 椅子
  3. トリガーポイント
  4. 歩く姿勢
  5. 骨盤ベルト・インナー
  6. ストレートネックに注意
PAGE TOP