さまざまな不調に効果があると言われます

女性に多くみられる腰痛の原因と対策について

妊娠や子育て中に腰痛デビューする女性は多い

先日、福岡市の整体タカノスカイロを訪れてくれたご夫婦との会話の中でも「腰痛」がキーワードとなったのですが、女性が妊娠をキッカケに腰痛を感じるのはナゼなのかを考えてみたいと思います。

「妊娠週が進んでお腹の赤ちゃんが大きくなる」→「その分腰に負担がかかるので腰痛になりやすい」と考えられがちなのですが、それほどお腹が目立って大きくなくても、腰痛を感じるケースも多いです。では、どうして腰痛になりやすいんでしょう?

妊婦さんの腰痛の原因は、大きく分けて2つ

1つ目は、お腹の赤ちゃんが大きくなることで重心バランスが変化

1つ目は、お腹の赤ちゃんが大きくなることで重心バランスが変化してしまい、筋疲労が回復しにくくなったり、荷重関節への負荷が強まることによるものです。お腹が大きくなって姿勢が変わると、重心のバランスを保つために自然と腰を反らせたような姿勢になってきます。

すると当然ですが、骨盤の傾斜に変化にあわせて腰を支える筋肉の負担が増加します。その結果、腰痛を感じたり、姿勢を保つことがキツくなることがあります。そう考えると、妊娠する以前から骨盤に問題があった人は、ツライ妊娠生活をしなければならない可能性があり要注意です。

2つ目は、妊娠に伴うホルモン分泌の影響によるもの

051219

よく聞く話ではありますが、妊娠をすると「リラキシン」というホルモンの分泌が盛んになります。

赤ちゃんが生まれて来るるためには骨盤の靭帯を緩ませることが肝心なので、このホルモン分泌の影響で徐々に靭帯が緩んできます。靭帯というのは一般的に関節を支える役目なのですが、この靭帯が緩むことで関節の支えが不安定になり、その周囲の筋肉が頑張りすぎて硬く緊張してしまいます。結果的に腰痛を引き起こすと考えられています。

さらに、「リラキシン」は妊娠初期から分泌されるので、お腹が大きくない時期から腰痛を起こす可能性もあります。

いずれにしても、女性の皆さんは腰痛対策を考えられたほうがよろしいですね。妊娠もホルモン分泌も自然でとっても大事なことですので、それを受け入れる準備をしておくことが必要です。出来れば早目に「骨盤」「腰痛」の治療をしてニュートラルな状態に保っておくことが大事ですね。

骨盤が歪んだ状態が続けばもちろん腰痛の原因になったり生理痛や月経不順を引き起こすことも考えられます。さらに、骨盤をキレイに整えることで姿勢も改善してポッコリお腹や肩こりなどのお悩みも一度に解決するなんてことも!
日ごろの骨盤ケアも、産後の骨盤ケアもご相談ください。

The following two tabs change content below.

高倉 功

国際基準カイロプラクター米国 Cleveland Chiropractic College 学位保持者
アメリカ専門大学のカイロプラクティック学位をもつ姿勢矯正の専門家。 肩こり・腰痛のほか、詳しく姿勢分析しておこなう猫背矯正・O脚矯正・骨盤矯正などは改善実績が多い。福岡生まれ福岡育ちのホークスファン。

他に良く読まれている記事

  1. ストレスが交感神経を興奮させる
  2. 予診票
  3. 腰痛危険度
  4. ストレートネックに注意
  5. 黄色い車
  6. トンネル
PAGE TOP