ストレスによる肩こり|福岡市で人気の整体

ストレスから肩こりって本当なのでしょうか?

肩こりの症状を訴える方は急増中。
肩こりの原因は様々ですが、最近ではストレスによる肩こりにも注目が集まっています。
ひょっとして、あなたの肩こりもストレスから来ているのかも!?
そこで、ストレスと肩こりの関係について考えてみましょう。

ストレスは自律神経の働きを乱す

じつは自律神経には2つの系統があり、体や精神の活動的な状態の時に働く交感神経と、体を休めゆったりした状態の時に働く副交感神経があります。

通常この交感神経と副交感神経は、お互いにバランスを取りながら内臓や血管の動きを制御していています。交感神経は朝3~4時頃から徐々に優位になり、血圧や脈拍が活発になり、だいたい夜8時頃には落ち着きます。

これと入れ替わりに、夜は副交感神経の働きがたかまり、夕食後辺りから朝4時頃まで働いています。副交感神経は眠りを促し、血圧や心拍数を下げ、身体を休息の状態に導いていくので、私たちが夜にぐっすり眠ることができるのは、副交感神経が働いているおかげです。

交感神経と副交感神経は互いに交互に働いていて、どちらかが強く働いているときはどちらかの働きが弱くなるようにオートマチックに切り替わりながら働いているのです。

夜になっても副交感神経が働かないと・・・

疲労とストレス

ところが、何らかの事情で日中に過剰なストレスを感じると、ストレスホルモンが多く分泌され、交感神経の興奮が長く続きます。すると、夜になっても副交感神経が働かないという状態が起こります。こうなると、次のような状態になってしまいます。

  • 熟睡できない(睡眠導入剤を必要とする人もいます)
  • 疲れが取れない、慢性疲労感(感染に対する免疫機能も低下します)
  • 体全体、筋肉の緊張状態が続く(筋肉が慢性疲労に陥ります)
  • 血管の収縮がつづくことで血行が悪くなる
  • 仕事の作業効率が落ちる、失敗が増える、ひどくなるとうつ状態になる

私たちの体はストレスを感じると、全身の筋肉が緊張してしまいます。肩こりの原因となる抗重力筋も例外ではありません。更に、血管自体をも収縮させ細くさせてしまうため、筋肉の中では血流障害が起こり、筋肉疲労から肩こりを招きます。

これがストレスが肩こりを起こすメカニズムだといえるでしょう。

肩こりや腰痛以外にも、とくに何もしていないのに冷や汗が出たり、手が震えたりするする時も、じつは自律神経が乱れている場合も多いので要注意です。

ストレスとうつ病と肩こりの関係

さらに、肩こりという症状には“うつ病”が隠れていることがあるから気を付けましょう。

と言うのも、うつ病の原因にはストレスが大きく関係してますし、うつ病でも自律神経の乱れによる不調が現れるからです。

うつ病の初期症状では、気分の落ち込みや興味関心が湧かない、集中力や思考力の低下、不眠といった精神的な症状よりも、めまい、肩こり、頭痛、倦怠感といった体の症状が前面に出てきます。

肩こりを解消するためにも、ストレスを溜めすぎずに上手につきあっていきたいものですね。

The following two tabs change content below.

高倉 功

国際基準カイロプラクター米国 Cleveland Chiropractic College 学位保持者
アメリカ専門大学のカイロプラクティック学位をもつ姿勢矯正の専門家。 肩こり・腰痛のほか、詳しく姿勢分析しておこなう猫背矯正・O脚矯正・骨盤矯正などは改善実績が多い。福岡生まれ福岡育ちのホークスファン。

他に良く読まれている記事

  1. 肩こりセルフチェック
  2. トリガーポイント
  3. 肩甲骨と肩こり|福岡市で人気の整体
  4. 寝違え・首の痛み|福岡市の整体
  5. 脊柱側弯症
  6. 頭痛にお困りではないですか?
PAGE TOP