腰痛治療

腰痛

腰痛でお困りの方々へ

一般的に言われている「腰痛の原因」には、どんなものがあるかご存知でしょうか?

医学書には、腰痛の原因として「腰椎椎間板ヘルニア・腰部変形性脊椎症・脊椎分離症・脊椎すべり症・内科系の病気・腰部脊柱管狭窄症・骨粗鬆症による圧迫骨折・筋性腰痛症などがある」とされています。

また、とても多くの方が上記の検索キーワードからこのページにたどり着かれたことだと思います。

あわせて読みたい記事

腰痛の種類をタイプ別にしてみてみましょう第1番目に区別されるのが、外傷による腰痛タイプa.スポーツによる外傷(ぶつかる、倒れる、オーバーユースなど)b.交通事故などによる外傷(前後左右からの衝突など)c.労働作業による外傷([…]

あなたのタイプは?

腰痛の事実その1「骨がズレても骨自体は痛みを感じない!」

なんとなく「腰痛の原因」というと、「骨格が歪んでいたりズレたりしているから痛むのでしょう?」と言ったイメージをお持ちの方も多いのですが、じつは骨の中には神経はありません。

「えっ!」知らなかった!

ですから、骨がズレても骨自体は痛みません。

そのズレた骨を支えるために、筋肉に負荷がかかって筋肉が硬直して痛むと言った方が良いでしょう。

あわせて読みたい記事

「不要な痛み」の他 「必要な痛み」も存在するという事実私たちは「痛み」を感じることで、何らかの異常や異変が生じていることに気づくことができます。もしも私たちに「痛い」という感覚がなかったら、危険を察知したり、回避することができず、大[…]

福岡市整体タカノスで痛みを考える

腰痛の事実その2「神経根を圧迫したとしても痛みを感じない!」

以前は良く「ズレた骨格の間に神経のコードが挟まれているから痛むのだ!」と言われてきました。

しかし実際の脊髄神経の通り道である椎間孔はスペースにゆとりを持っているため直接的に骨格に挟まれる可能性は極めて低いと考えられます。

では、どうして腰痛になるのか?

腰痛を知るには、「痛み」を知り「人の身体」を知り「神経系」について学ぶ必要があります。腰痛という”結果”に対して必ず何か”原因”があるはずですから、その原因追求がとても大切なことだと考えています。

みなさんも「痛みをはじめ、様々な情報が神経を使ってやり取りされている」ことはご存知の内容も多いと思います。

しかし、様々な情報を受け取るにはアンテナの様な役割をもった「受容器(レセプター)」と言うものが必要で、アンテナで受けた情報を基地局(脳)へ送る電線の役が「神経」なのです。まわりくどい表現ですが”電線部分では情報は受け取れない”という事なのです。

腰痛

 

腰痛の事実その3「では、腰痛を感じるのはナゼなのか?」

さまざまな不調に効果があると言われます

疼痛の発生は”侵害受容器”なるものが刺激されてはじめてスタートするのですが、その受容器には強力な機械的侵害刺激に反応する「高閾値機械受容器」と言われるもの、また熱刺激に反応する「高閾値熱受容器」と言われるもの、さらに機械的刺激、化学的刺激、熱刺激のいずれにも反応すると言われる「ポリモーダル受容器」の3種類が存在します。

これは、全身に広く分布している(皮膚、筋膜、靱帯、腱、関節包、内臓、血管など)ため多くの痛みに関与している受容器です。

以上の事から、私たちを悩ませる腰痛は「神経根が骨格に挟まれて」起こっているのでは無いと考えられます。

どうやら「痛み」のシグナルを受け取っているのは、付近の筋膜・靭帯・腱・関節包などに存在する受容器(レセプター)だと言えるでしょう。

特に背骨に関連する椎間関節包やその周囲組織には、痛覚伝達に関与する細径神経線維や侵害受容器が豊富に存在することがわかっています。

ですから、 椎間関節に対する機械的有害刺激や、椎間関節の炎症あるいは椎間板変性に伴い発生する化学的有害刺激(疼痛誘発物質による刺激)は、椎間関節に在る侵害受容器を興奮させるので腰痛などの発生に関与していると考えられます。

無理が無く、効果的な腰痛治療を目指しています

福岡市天神の整体院タカノスカイロプラクティックでは、骨格の歪みをカイロプラクティック療法で整えていきますが、これは患部付近の軟部組織付着部に過剰な牽引ストレスがかかり侵害受容器が興奮するのを抑えるために行います。

ですから、必要以上にボキボキと関節を鳴らす必要もないのです。

さらに、筋筋膜リリース法などでアプローチすることで、索状硬結等の改善、血流の改善を行うことで化学的有害刺激の減少を図ります。

福岡の腰痛治療はプロテックがある専門治療院タカノスカイロプラクティックへご相談ください

福岡市の整体院タカノスでは、浮腰式腰痛治療機「プロテック」を使用したFloating Manipulative Therapy(FMT療法 )をおこなっています。

これは、プロテック腰痛治療機を使うことで腰部に負担をかけている上半身の重さを取り除き(Floating)、椎間板内圧を下げることで痛みを緩和しながら、運動療法(Manipulative Therapy)を行う腰痛治療法です。

腰痛にはプロテックの併用がとても効果的ですぎっくり腰やヘルニアに代表される強い腰痛は大幅に改善され、浅層筋から深層筋まで、骨盤、腰椎、股関節等の運動療法やモビリゼーション・ストレッチを痛みを伴わない状態で行うことができます。

FMTは米国でその治療法が特許として認められ、NASAでも宇宙飛行士の腰痛治療にも用いられた腰痛治療法です。日本国内でも有名スポーツ選手の腰痛治療で劇的効果を発揮して高評価されている治療法です。

あわせて読みたい記事

各種メディアで取り上げられた腰痛治療法「プロテック 腰痛」今すぐに検索!厚生労働省の実施する国民生活基礎調査のなかでも常に上位にランクインする「腰痛」は長年にわたって国民病とも言われてきました。ぎっくり腰、腰椎ヘルニア、腰椎すべり症[…]

腰痛治療はプロテック
椅子

「あなたのイスはもしかすると、腰痛が悪くなる椅子じゃないですか???」 この12月の寒い時期、忙しい日が続くと腰痛になる方も増えてきます。 デスクワークの方々は朝から晩までデスクチェアに座りっぱなしでお仕事の連続。 年末シーズンだからこそ余計に座りっぱなしで仕事の時間が増えていたりしませんか? 立ち仕事の方や力仕事の方々でも、疲れ果てた身体を休ませる椅子のチョイスを間違えると却って腰や背中の筋肉を […]

黄色い車

年末年始をふるさとで過ごした人たちの腰痛はじめの季節 2014年のお正月はいかがでしたか? 年末年始を楽しく実家で過ごした方も多い事でしょう。これから各交通機関でラッシュが予想されますが、怪我なく事故なく無事にお帰りになってくださいね。自動車で高速道路をご利用の方も毎年多くお見受けするのですが、この季節の長距離移動は腰痛持ちの人には本当にツライものです。 シートに座って移動するだけなのに、気が付く […]

男性の身体の不調

福岡市城南区にある福岡大学で苦楽を共に過ごした同級生M氏は、数カ月に1度のペースで整体タカノスカイロプラクティックへ来院してくださいます。 池袋から福岡市の整体へ腰痛治療に来てくれる 現在の彼は東京の池袋で働くサラリーマンなのですが、腰部椎間板ヘルニアとは結構長い間お付き合いしていました。ずいぶん以前に福岡市東区にある整形外科でヘルニアだと診断されて、以来あちこちの病院で治療も受けているそうです。 […]

腰痛危険度

腰痛危険度チェックシートで自分の腰痛タイプをセルフチェックしてみましょう あなたの腰痛の症状はどのタイプだったでしょうか。 日ごろの自分の腰痛パターンを思い出しながらチェックしてみてくださいね。これだけでは腰痛の種類を特定することは困難ですが、それでも福岡市天神の整体院タカノスを訪れる腰痛患者さんの78%程の人はこの腰痛パターンにあてはまるようです。 それでは、それぞれ腰痛タイプについてみていきま […]

予診票|整体タカノスカイロプラクティック

「たかが腰痛・・・などと考えるのは結構キケンなんです」 初めて整体タカノスカイロプラクティックにいらした時には予診カードのご記入をお願いしています。 いろいろと質問も多くて大変ですが、私たちも皆様の状態について少しでも多く知りたいと考えているのです。 たとえば、腰痛を引き起こす原因には、内蔵の病気がある事をご存知ですか? いわゆる内蔵疾患には、癌をはじめ命に関わる疾患も含まれるため、あらかじめ内臓 […]