お母さん

育児をしながらの腰痛軽減テクニックとは

妊娠中は、運動不足の妊婦さんだと腰痛がひどくなってしまいますよね。

やっとかわいい赤ちゃんを産んでからも、腰痛が長引いている方も実は少なくありません。 いったい原因はなんだろう……と思っていても、なかなか思うように治療の時間をとれないママのために、ここでは出産後の腰痛の原因とそれを軽減させる方法をご紹介いたします。福岡市|人気の整体

出産後の腰痛の原因について考える

出産後に腰が痛くなるのは、多くの場合には「骨盤」と関係しています。

骨盤は左右1対の寛骨、仙骨、尾骨といった骨で構成されていますが、女性の骨盤は胎児が成長する子宮を包み込む場所であり、胎児の成長とともに除々に広がっていき、やがて出産を迎えるようになります。

さて、この「出産後の骨盤」はしばらくの期間はゆるんだ状態のままなのです。赤ちゃんを産んだあとの骨盤は、関節が大幅にゆるんでおり、体を動かすことでさらにゆるんだ骨盤がゆるみやすくなっています。ご家族の健康を祈る整体タカノスカイロプラクティック

通常は腰痛も除々に治ってきますが・・・

骨盤の関節は半年ほどかけてゆっくりと閉じて行きますが、適切なケアを行わないと腰痛もちになってしまったり、下腹がどんどんでてきてしまいます。医学的には「骨盤輪不安定症」といいますが、普段は健康に過ごしている方でも妊娠後には骨盤輪不安定症にかかってしまうこともありますので注意が必要です。

出産後の腰痛を回復させるための方法

出産直後は骨盤や子宮の状態をはじめ、あちこちが弱っていることは間違いありません。

出産後の骨盤は緩んだ状態になっており、適切なケアをしていかないと緩んだ骨盤が不安定な状態で固定化されてしまいます。

比較的容易にできる出産後の腰痛を治す方法のひとつは「血行の促進」です

血行を促進させることも妊娠後の骨盤ケアには重要なことです。

軽い運動や温浴、あるいは湿布薬の利用など様々な方法があります。血流が悪いと体内の循環が悪くなり、腰痛をはじめ、肩コリ、疲労、月経不順などを起こすことになってしまいます。 骨盤は、上半身と下半身を繋ぐ重要な場所であり、多くの筋肉の保持体になっているものですから、血行の影響を強くうけます。冬場の冷えなども非常によくありません。

もちろん骨盤矯正や、コルセットの利用も良い方法です。しかし、自分で予防的にできる事としては、血行促進のために体を冷やさないようにするなどの工夫をして腰痛に負けない体を作っていきましょう。産前はモチロン産後の骨盤ケアも福岡市の整体タカノスカイロプラクティックへご相談ください。