良い姿勢について考える女性

バランスの良い姿勢のポイントをプロがチェック

静止状態での良い姿勢が前提

骨盤や脊柱が最も理想的な位置にありバランスが取れている状態を考えたとき、その時の姿勢は全体的な体への負担も少なくて疲れにくいポジションのはずです。

この時の私たちの体の中では、各筋肉の長さや張力が最も自然で理想的なポジションに置かれているはずです。

姿勢不良の原因のほとんどが習慣性

姿勢不良の原因のほとんどが習慣性のものなので、ポスチュアインタビューでは出来るかぎり普段の状態での姿勢チェックが理想です。

みなさんの静止した状態での姿勢が崩れてきている場合、筋の緊張や弱化がある場合には、必ずと言っていいほど身体のどこかに代償作用や負担が出てくるものです。逆に、無理して検査用に作った姿勢は、これもまたどこかに無理が生じてしまいます。筋膜リリースと運動療法ですから私たちは余り患者さまに意識させすぎないように話しかけてみたり、体を動かしていただいたりしながらチェックすることが多いですね。また、静止状態の姿勢以外にも、各関節のモビリティとスタビリティも大事なので、運動療法など行いながらチェックしていくことも多いのです。

姿勢評価のチェックポイントは

タカノスカイロではインタビューボードの前にお立ちいただきますが、この時にはすでに首の回旋や頭部の屈曲・伸展などを評価し、脊柱の緩やかなS字カーブがとれているかなどもチェックされています。肩をまわしていただいたり、まっすぐに挙上したりすることで肩や首周りの可動域のチェックをする場合などもあります。福岡市|人気の整体

骨盤の歪みのチェックはとても重要

簡単にご説明すると矢状面と冠状面の2方向からチェックするのですが、それぞれ左右のASIS(上前腸骨棘)と左右のPSIS(上後腸骨棘)の高さ位置から判断します。

この時に左右の高さの違いにも注意を払いますが、それよりも見落としてはいけないのが前後の高さについてです。骨盤全体が立ちすぎてもダメ、逆に傾斜がキツクても体に負担が増えるので、その微妙なバランスを保てているかどうかを判断します。

アスリートの多くには骨盤が前傾する傾向がみられますが、一般的な患者さまの多くは骨盤の後傾(立ちすぎ)が目立ちます。骨盤が立ち、腰椎のカーブが伸び、お腹もポッコリしてしまう・・・。というケースですね。

自分の姿勢が気になった方は

デジタル姿勢計測するポスチュアインタビュー付きのBASICコースをお試しください。
姿勢の歪みと原因に気が付けば改善してゆけばいいのです。