骨盤矯正

「えっ!もしかして…アナタはまだボキボキする骨盤矯正を受けているのですか?」

051219

カイロプラクティックの施術では骨格や関節の歪み(ズレ)の矯正を行いますが、その結果として「ボキッ」と言うようなクラッキング音が発生するケースがある事は良く知られています。

しかし、これは音を鳴らすことが本来の目的ではなく、あくまで施術の副産物なのです。

ですから、骨盤矯正など骨格矯正を受けたからといって必ずボキボキ音が発生するとは限らないのです。
このクラック音のメカニズムは未だ明確に証明されていませんが、多く支持されている理論に次のようなものがあります。

 『関節内のキャビテーション説

これは空洞化説ともいわれていますが、”関節に物理的な力が加わったとき、内部で真空に近い部位が出来る。そして小さな気泡が多数生じ、それらがはじけて大きな音が出る”というものです。この説明ではクラッキング音はどの関節からも発生すると考えられます。

しかも、同じ関節部位を再び鳴らすことができるまで数十分かかる”不応期”と言われる時間がある事も知られています。

「じゃぁ、どこがボキボキ鳴っているのでしょうか???」

カイロ先生のワンポイントそうですね、「ボキ」っと単発音ならば骨盤部分の”仙腸関節”の調節が出来た可能性は高いと考える事もできます。しかしながら、「ボキボキッ!」といった連発音に聞き覚えのある方は要注意だと言えるでしょう。だって、”同じ関節部位を鳴らすには時間がかかる”のですから・・・。

ただ単に身体を捻じられて”関係のない腰椎(腰の骨)”がボキボキと連発音を発している事がほとんどで、残念ながら本来の目的「骨盤矯正」は達成されていない可能性が大いにあります。

本来の目的を達成するには、施術者がヒトの骨格を知り、関節の形や関節面の向きを知り、力を伝えるためのコンタクトポイントをしっかりと把握したうえで、有効な施術方法を選択出来る必要があります。

「何回で骨盤矯正は完了する?」「何回、骨盤矯正に来なくてはいけませんか?」

「どんなに意識の高い方でも、1度の施術では限りなく不可能です」としか言えません。

「え~っ!ずいぶん弱気な先生だなぁ~」と思われた方も多いと思いますが、私たちカイロプラクターは皆さんの身体をコントロールする事はできません。せっかく骨盤矯正して骨盤や骨格を整えても、それを維持していく筋力や体力をお渡しすることは不可能なのです。

骨盤矯正をおこない、状態をキープするためのエクササイズなどのご提案までは私たちの仕事です。そのあとに「なりたい自分」に向けて取り組んでいただけるかどうかが骨盤矯正を完了させる重要なカギになります。

当院の目標は、ご自身でも前向きに取り組んでいただくことを前提に「2カ月ほどの期間で、5回ほどの骨盤矯正」で土台を作る事です。土台さえできれば後はスムーズに完了へと向かっていきます。

「やる」を決めるのも、「やりたい」で終わるのもあなたです。

「なりたい自分」に「変わる」のはあなた自身です。そのためのお手伝いとして、福岡市天神の整体院タカノスは骨盤矯正をおこなっています。「骨盤矯正やってみたいな」と考えている方は、ぜひ一度ご相談ください。