姿勢と病気の関係性?

スマートフォンやパソコンの使用などで下を向く機会が増え、ついつい姿勢が悪くなっている・・・ってことはありませんか。悪い姿勢は、肩こりや頭痛、腰痛などの原因となることが広く知られています。

さらに首や背中の骨などで、重症化する可能性のある病気の発症につながることもあります。これらの病気を防ぐためには、悪い姿勢を正し、良い姿勢を保つことが大切になるのです。健康と姿勢を結びつける今回のキーワードは「クロスシンドローム」です。

悪い姿勢は何が問題?

そもそも姿勢が悪いと何が問題だと思いますか?

福岡市|人気の整体

悪い姿勢を続けることは、慢性的な肩こりの原因になったり、頭痛や腰痛の原因となることが知られています。

また、骨や筋肉に影響を与えることで、変形性股関節症や変形性脊椎症、椎間板ヘルニアなどの病気の発症につながる可能性もあります。

さらに、悪い姿勢は内臓に影響を与えるという報告もあり、例えば「前かがみの作業を続けることで逆流性食道炎になりやすくなる」などは最近の健康テレビ番組などでも取り上げられる話題のひとつです。

長期間にわたって悪い姿勢を続けると、このような健康被害や重症化する可能性のある病気につながることもあるので注意が必要です。

クロスシンドロームとは?

じつは「クロスシンドローム」とは上半身で起こる場合を”アッパークロスシンドローム”と呼び、肩こりや首コリ、背中の痛みなどを引き起こす原因になるという記事も書いています。

関連記事

「クロスシンドローム」って知ってますか?クロスシンドローム(cross syndrome)がキーワードチェコの神経学者でリハビリテーション医であるVladimir Janda<ウラジミール・ヤンダ>氏によって提唱されたのですが、悪い[…]

しかし、下半身でもクロスシンドロームが発生する場合もあり”ロークロスシンドローム”と呼ばれています。こちらは腰痛などのリスクを高めてしまうので注意が必要です。

アッパークロスシンドロームを解消するために

多くの場合「アッパークロス・シンドローム」に当てはまる人は「ロークロス・シンドローム」にも当てはまり、腰椎~骨盤部の問題を持っています。

腰痛治療|福岡市の整体

カイロプラクティックにより骨格の問題へのアプローチはモチロンですが、過緊張して固くなっている筋肉に対しては筋膜リリースを行うことでマッサージやストレッチ等だけでは取り除けないような筋肉の機能不全の解消を行います。

整体タカノスカイロプラクティックではアッパークロスシンドロームの症状でお困りの方でも、ロークロスシンドロームの有無を確認しつつ全体的な調節を心がけていますのでご安心ください。

整体タカノスカイロプラクティックは福岡市中央区今泉にある「肩こり」「猫背矯正」など姿勢矯正が専門の整体院です。


〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉2丁目5−11 カンファービル3階 A
西鉄福岡天神駅(南口)から徒歩7分
西鉄薬院駅から徒歩9分
地下鉄赤坂駅から徒歩9分
西鉄バス:今泉1丁目バス停から徒歩2分
※長浜ナンバーワン 天神店さん が目印です
※Bar Vita天神店さん が目印です

施術のご予約

 092-725-1816