眼精疲労・頭痛・肩こり|福岡市で人気の整体

眼精疲労に肩こり・・・もしかしたら頭痛や吐き気も?

あなたの目の疲れは、ひょっとしたら眼精疲労なのかも

仕事でパソコン、移動中はスマホ、家ではテレビやタブレットと、無意識に目を酷使しているせいか、首から肩にかけていつも凝っているのが現代人の悩み。

目を使いすぎることで、目のかすみや痛み・まぶしさ・充血にくわえて、吐き気・頭痛・肩こりなどの全身症状を引き起こすことを眼精疲労といいます。

単なる疲れ目では頭痛やめまいといったことは発生しませんが、眼精疲労まで進行するとこういった状況をともなう事が増えてきます。

また、長時間おなじ姿勢をとり続けると肩こりや頭痛という症状の出る可能性が高いといわれていますので、デスクワーク系の仕事が多い方は仕事中の姿勢も影響しているといえるでしょう。

寝違えの発生原因は?

肩こりから来る眼精疲労を回避するために

肩こりは、デスクワーク中などの姿勢の悪さや日ごろの運動不足などにより、およそ5キロと言われる頭部を支えている首や背中の筋肉(僧帽筋、肩甲挙筋・棘上筋・棘下筋・広背筋)への負担が増し、筋肉内の血流が滞ることによっておこります。

肩こりが起こる原因はいろいろですが、実際には複数の原因が合わさって生じている場合が多いと言われます。肩こりや眼精疲労からサヨナラするために原因について考えてみましょう。

長時間同じ姿勢で目を酷使したり、前屈みなど不自然な姿勢でいたり、(パソコンやスマートフォンの使いすぎなど)すると筋肉疲労で肩や首のこりが発生します。
細かな作業をしたり、小さな文字を見つづけたり、心配し過ぎたりすることが、精神的なストレス・緊張を生んで、肩や首の筋肉が硬くなってコリが発生します。
歯が痛い・顎関節症などの場合や、メニエール症候群などといった状態でも首から背中・肩の筋肉が常に緊張してしまいます。
自律神経機能の低下、特に更年期障害の一つとして、しばしばのぼせや発汗のような症状を示す人は、容易に筋肉をこわばるため、肩や首のコリが発生します。

そのほか、心筋梗塞・狭心症・くも膜下出血などの前兆として(関連痛として)、肩や首のこり・痛みが出ることがありますので要注意です。

福岡市の整体タカノスカイロプラクティックにお任せください

「疲れを溜めすぎずにメンテナンスすることが大事です」

入浴やマッサージなども血行を促進するためには有効ですが、なかなか根本的に改善していくことは難しいです。 カイロプラクティックで骨格の歪みや筋肉の緊張を整えることでスムーズに血行も改善しますし、自律神経系のバランスも調整されていきます。

眼精疲労や肩こりを感じる方、ぜひカイロプラクティック療法をお試しください。