映画「スター・ウォーズ」を観てきました

STAR WARSのファンを自称している私ですが、最新作であるエピソード9『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』を観てきました。1977年に公開されたエピソード4からスタートして、40年ほどの時間をかけてようやく一つのスペースオペラの幕が閉じた感じです。

ダース・ベイダーは肩こりしないのか?

実につまらない疑問(笑)

映画スター・ウォーズには実に様々な宇宙人の姿が登場するのですが、ダース・ベイダーを代表とする彼らの多くはヒト型です。立ち上がり、歩行して、大小さまざまな大きさの頭部を首で支えて生活しています。

私が見ている限りでは”アクバー提督”や”キ=アディ=ムンディ ”なんかは絶対に肩こり・首コリするんだろうなぁと思われます。(マニアックすぎてチョット何言ってるのかワカラナイ・・・って人にはごめんなさい)

頭が少し大きめの設定の宇宙人だと想像してください。

ちなみに人間の頭の重量は5キロ

私たち人間の頭の5キロも相当な重さですが、その頭部を支える筋肉が疲労しているのが”肩こり”の状態です。

先に紹介した”キ=アディ=ムンディ ”などは、見るからに頭部の重さは5キロをオーバーしてそうな感じ。

”グレイ”などと紹介されるエイリアンもそれに近い頭部の大きな宇宙人として漫画や映画にも出ていますよね。あんなイメージです。

でも、大きな頭部を支えるには丈夫な首の骨格や筋肉が必要なのです。

人間とは異なる、生理学的な運動器系の仕組みがあるのか?

生活している環境の重力に違いがあるのか?

福岡市中央区|オススメの整体

映画を楽しみながらも、そんなコトを考えているなんて変ですよね(笑)

宇宙空間ならば条件は一緒になるのかも?

まだ、空想世界を彷徨うのかと笑われるかもしれません。

しかし”無重力”の宇宙空間ならばどうでしょうか?

気になり始めると調べずには居られませんので、ネットで調べると明確な答えが掲載されていました。

宇宙飛行士の金井宣茂さんのツイートを紹介させていただきます

なんと、”頭の重さを首が支える必要がないので、肩こりもしなくなりました!”とズバリ書いてあります。

肩こりで悩む人にとっては宇宙生活時代が待ち遠しいですね!

では、ダース・ベイダーの肩こりは?

最初に戻るようですが、ベイダー卿が肩こりするかどうかについての考察です。

これは”あくまでも個人的な見解”ですのでご容赦ください。

福岡市|人気の整体

ダース・ベイダーは強力なフォースの使い手なので肩こりしないのかもしれない説。

ダース・ベイダーはミディ=クロリアン値が高いので肩こりしないのかもしれない説。

宇宙空間に滞在する時間が多いのでダース・ベイダーは肩こりしないのかもしれない説。

ダース・ベイダーは怪我の治癒を促進させるバクタ溶液で満たされた筒状のタンク(バクタタンク)を使用するので肩こりに困らない説。

上記のいずれかに該当するのだと想像しています。

整体タカノスカイロプラクティックは福岡市中央区今泉にある「肩こり」「猫背矯正」など姿勢矯正が専門の整体院です。


〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉2丁目5−11 カンファービル3階 A
西鉄福岡天神駅(南口)から徒歩7分
西鉄薬院駅から徒歩9分
地下鉄赤坂駅から徒歩9分
西鉄バス:今泉1丁目バス停から徒歩2分
※長浜ナンバーワン 天神店さん が目印です
※Bar Vita天神店さん が目印です

施術のご予約

 092-725-1816