TAG

肩こり

映画「スター・ウォーズ」を観てきました

STAR WARSのファンを自称している私ですが、最新作であるエピソード9『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』を観てきました。1977年に公開されたエピソード4からスタートして、40年ほどの時間をかけてようやく一つのスペースオペラの幕が閉じた感じです。 ダース・ベイダーは肩こりしないのか? 実につまらない疑問(笑) 映画スター・ウォーズには実に様々な宇宙人の姿が登場するのですが、ダース・ […]

自宅で肩こりを10分で解消できる方法とは?

私たち人間の頭の重みは、平均すると約5キロと言われボウリングの球と同じくらいずっしり重たいのですが、私たちはこれを骨格で支えています。 背骨(頸椎)の上に頭が乗り、肩や首の力を抜いても倒れないのが「よい姿勢」だと言えるでしょう。しかし姿勢(バランス)が悪いと、私たちは頭の重み(約5キロ)を筋肉で支え続けなければならない。そのような状態がずっと続くと、筋肉の過度な緊張により首や肩のこりを感じるように […]

長引く肩こり・肩痛の真犯人「モヤモヤ血管」!?

マッサージやストレッチなど、色々と対策をしてみても繰り返し起こる「肩こり」。 そんな長引く肩こり・痛みの原因は、本来できるはずのないところにできる異常な血管「モヤモヤ血管」にあるかもしれないと言われることがあります。 多くの人が悩む肩こり・肩痛の原因とは? 「筋肉の炎症」の場合が多い 首から背中にかけて僧帽筋などの筋肉がありますが、その筋肉が緊張したり炎症を起こしたりする事で肩こりの原因になります […]

「肩こり」に関する新常識

肩こり〔かたこり/肩凝り〕とは健康テレビ番組などでもよく耳にしますが、じつは正式な病名では無いってご存知でしたか? 「肩こり」に関する新常識:2020年版 「肩こり」とは言っても、肩だけでなく首の後ろや肩甲骨の間まで症状を訴える人が多いのですが、これは日本独特の表現みたいで同症状を諸外国では首や背中の疾患と言う事が多いようです。 <予防と解消の為「肩こりの原因」について考えてみる>と言う記事も参考 […]

良い姿勢を保って病気の予防

姿勢と病気の関係性? スマートフォンやパソコンの使用などで下を向く機会が増え、ついつい姿勢が悪くなっている・・・ってことはありませんか。悪い姿勢は、肩こりや頭痛、腰痛などの原因となることが広く知られています。 さらに首や背中の骨などで、重症化する可能性のある病気の発症につながることもあります。これらの病気を防ぐためには、悪い姿勢を正し、良い姿勢を保つことが大切になるのです。健康と姿勢を結びつける今 […]

クロスシンドロームについて

「クロスシンドローム」って知ってますか? クロスシンドローム(cross syndrome)がキーワード チェコの神経学者でリハビリテーション医であるVladimir Janda<ウラジミール・ヤンダ>氏によって提唱されたのですが、悪い姿勢が継続することで本来は適度な柔軟性を持った状態であるはずの筋肉が【緊張し、コリ固まりやすい筋】と【弱って緩みやすい筋】の2つに分類されるという概念です。 固く緊 […]

「肩こり」しないスーツやコートが有る!

寒くなる季節はジャケットにコートと重ね着などで”肩こり”がツラくなる!とは言いますが、じつは”肩こり”しない上着があるってご存知でしたか? 「肩こり」しない上着のヒミツを知っています 私は「肩こり」しない上着を持っていますが、持っている人はどの位いらっしゃるでしょうか? 実は私、カイロプラクターになる以前はオーダーメイドのスーツ採寸などを仕事としていました。そのころに教わった知識の中に「肩こり」し […]

「肩こり」でカイロプラクティックを受けるメリット4

肩こりってどんな症状なのか? ひょっとして、これが「肩こり?」という人も意外と多い 「私は肩こりだ」という方も、「ひょっとしたらコレが肩こりなの?」という方も、自分の「肩こり度」を調べてみませんか?1分で出来る!肩こりセルフチェックはこちらをクリック  あなたの肩こりは、いかがでしたでしょうか? ▢ からだを動かさない  ▢ パソコンなどの使用による姿勢  ▢ 姿勢のわるさ  ▢ 日ごろの運動不足 […]

肩が前へ出る「巻き肩」にご注意!

巻き肩?もしかしたら猫背かも?と思うアナタ!簡単なセルフチェックをしてみましょう。 普段どおりに立ったらリラックスして肩の力を抜いて、ダランと気をつけの姿勢になってみますよ。この時手の甲が前を向いてしまってる方、そんなあなたは「巻き肩」なのかもしれません。 両肩が前に出て、身体を包み込むように内側に向いている巻き肩の状態になると、肩のコリだけではなく、見た目年齢がアップしたり日常生活でイライラが増 […]

抗重力筋にトリガーポイント発生の理由がある!?

抗重力筋についてお話しする前に、筋肉を支配する神経についてまず解説します。 私たち人間の活動は、交感神経・副交感神経の2系統の自律神経によってコントロールされています。 一般的には昼間の活発な時間帯に交感神経が、夜のリラックスタイムには副交感神経が優位にはたらくことでバランスを保っている。 しかし、現代社会では交感神経が優位になる環境が多くなっている のが事実。代表例は「ストレス」です。 日々のス […]